茶杓 銘 茶道具 からき

茶杓の通販と販売、各季節の茶杓、抹茶茶碗、茶掛、棗、茶入などを通販。
お稽古の茶杓、家元書付茶杓も揃えております。京都の茶道具からきです。

当店の検索

 茶道具からき或いは
  chadougu

茶道具 通販買取京都からき
茶道具からき-青楓茶碗

ページの上へ

茶杓一覧

HOME    お問合せ



茶杓は茶を掬うさじですが 茶道に於いて最も重要な道具の一つです 茶席の趣向により その趣旨が引立 銘が吟味され 茶杓の銘を選びます
 また拝見を乞われる道具の一つであり 茶杓の材質 形 色 蒔絵 彫物の吟味が必要です 現在一般的には利休形と云われる竹茶杓を使用して
 います
ここは茶杓ー2 です   茶杓 もご覧ください 
 
ここは 茶杓ー2  です  茶杓  もご覧ください      価格には消費税、送料を含んでいます 
no 茶杓銘   作者 書付 付属品 寸法 価格 説明  写真 図  めも
1163  落葉たき  作者:上田義山 大徳寺510世 共筒共箱
寸法: 巾11,5 長189
価格:14,000円
秋の訪れとともに 紅葉 その後落葉
落葉を集めて焚く そのようなことも ほとんど 見られなくなりましたが 秋も深まると 郷愁を誘う生活の一部でありました 
茶杓 銘  秋
1261 宝杖 作者:そつたく斎宗左 共筒 表千家
箱書:稲垣休叟 茶人 そつたく斎弟子
寸法:巾8 長173
価格:お問合せください 
表千家8代家元の作 蟻腰の細い茶杓です 銘の宝杖は打出の小槌と同様の意味です
箱書きは稲垣休叟 表千家茶人 そつたく斎弟子で家元の茶杓に箱極めをしています 箱の製作は8代駒沢利斎
無季
ここは 茶杓ー2 です   茶杓 もご覧ください     

茶道具からき の 茶杓 銘-2 ページです

茶茶道と云う言葉から連想される事柄は色々有ると思います
家元、点前 道具、日本文化、当店のホームページでは茶道で使われる道具を中心に 関連するもろもろの説明について各ページの
道具から導かれる事について 書かせて頂いております

茶道具と云えば 抹茶茶碗、茶入、棗、茶筅、などのお茶を点てて飲むのに使う専門の道具を思い浮かべるかも知れませんが、大きなものでは 路地と云われる 茶室と待合をつなぐ 屋外設備もあります 大きなものでは 茶室、待合、(屋内、屋外)袴付、茶室の脇の水屋、懐石などの準備をする台所、洗面所、手洗 それらに付属する設備、路地の植物、点景物、その中から 当店では点前、懐石、茶事に使われる道具を紹介してまいります
下記にその中の一部を紹介致します     


茶杓の状態、価格、購入方法などは
電話、FAX、メールでお問合ください 
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403
電話 075-634-4772
FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします  

個人情報保護方針

 お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品 販売に使用する他には一切
  利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします。