茶掛一行書 松樹千年翠 長谷川寛州 大徳寺三玄院住職
茶道具 からき
 通販買取販売京都

茶掛、墨蹟の通販と買取、各季節の書画掛軸墨蹟墨跡などを通販。
不要な書画などの買取も行っていますので、先ずはお電話、FAX、メール

当店の検索
 茶道具からき
或は     chadougu  

茶掛 一行書 墨跡 松樹千年翠
茶掛 一行書 墨跡 松樹千年翠

茶道具の状態、価格、購入方法などは
電話、FAX、メールでお問合ください。 

価格は上記  茶掛をクリック
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403

電話 . 075-634-4772
FAX 075-634-4782

メールは上記お問合せをクリック
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます。

茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします。  
茶掛 一行書 墨蹟 松樹千年翠
松樹千年翠 メモ

続伝灯録 巻三十五    松樹千年翠と文字は異なりますが、意味は同様です。

松柏千年青   しょうはく せんねんのあお      松はいつもまでも青い
不入時人意  じしんの いに いらず        人の心を打たたない
牡丹一日紅  ぼたん いちじつの くれない    一日の短い牡丹の花
満城公子酔  まんじょうの こうし よう       多くの貴族を喜ばす

何時もと変わらぬものは目立たず、変わった事には目がいく。

禅語の示す 破沙盆、破草鞋、は役に立たぬ物の代表として、仏はとの問いに答えています。
松があれば、 青松とお答えになったかもしれません。真の仏性は何処のにでもあるが、それが見えてない為、探し回る。自身の仏性に目覚めよとの教えです。

云うは易く、行うは難し。南坊録に
茶の極意を尋ねられた利休が申すには、夏は如何にも涼しいように、冬は如何にも暖かなように、炭は湯の沸くように、茶は飲み加減の良いように、これが秘事だ。これを聞いた者は、簡単なことと。利休はさすればその茶を見たいものだ。和無しは貴殿の弟子になる。ともうされました。
居合わせた笑嶺和尚が、諸悪莫作修善奉行と鳥窼和尚が言ったことと利休と同じ心だと申されました。

松樹千年翠とは何時も変わらぬ事と思いますが、深い意味合いがある語ですね。  

HOME   茶道具
紹介
からき
タグ説明
 茶掛 書画   墨蹟
墨跡
ギャラリー 販売方針 買物方法 特定商取引  買取  委託  オークション  お問合
茶掛 一行書 墨蹟 松樹千年翠

茶掛 掛物のページです

個人情報保護方針


茶掛一行書 松樹千年翠 しょうじゅせんねんみどり 長谷川寛州大徳寺三玄院住職の書です。
松はいつまでも青々として変わることが無い、このようなことから長寿、延命とめでたい席に掛けられます。
禅語の意味は下方に書きました。参考にどうぞ
3mm位の薄茶色シミ、5cm位の薄折れ数点本紙両脇にあります。

墨跡墨蹟もご覧ください。

茶掛 一行書 墨蹟 松樹千年翠
茶掛 一行書 墨蹟 松樹千年翠
 
 お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品、販売に使用する他には一切利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします。