茶杓、茶杓の銘 無事 立花大亀 大徳寺如意庵院住職 茶道具 からき 

茶杓の通販と販売、各季節の茶杓、茶掛、棗、茶入などを通販。
お稽古の茶杓、家元書付茶杓も揃えております。

当店の検索
 
茶道具からき

或いは chadougu 

茶杓
茶道具からき 茶杓

茶杓, 茶杓の銘、茶杓作者等、茶杓関係のページです。

茶杓 無事 立花大亀 茶道具
HOME   茶道具紹介  茶杓 茶杓の銘  茶杓作者  ギャラリー 販売方針 買物方法 特定商取引  買取  委託  オークション お問合
茶杓 無事 立花大亀 茶道具

茶道具の状態、価格、購入方法などは
電話、FAX、メールでお問合ください。 

価格は     茶杓
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403

電話  075-634-4772
FAX   075-634-4782 

メールは お問合
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます。

茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします。  
茶杓 無事 立花大亀 茶道具

茶杓, 茶杓の銘、無事 立花大亀 大徳寺如意庵院住職のページです。

立花大亀  たちばな だいき  メモ

1899-2005 
明治32年12月22日大阪生
大正10年出家
京都大徳寺塔頭徳禅寺住職
大徳寺派宗務総長
,昭和38年最高顧問
昭和,48年大徳寺に如意庵を復興して庵主
昭和57-61年花園大学長
平成17年8月25日死去 105歳 
 
茶杓の銘 無事ぶじは、一年の無事を感謝して、来る年も無事で過ごせるように願って師走にお使になられます。
また、無事は禅語の無事是貴人ぶじこれきにん、臨済義玄の語録にありますように、物事に執着しない、悟られた人。良い語ですね。
作者は立花大亀 大徳寺511世、如意庵住職です。茶道に親しみ、多くの書付、茶杓などを残され105歳の天寿を全うされました。
シミ竹茶杓です。 状態良好 下削りは稲尾誠中斎さん。櫂先から節にかけて、茶色のシミがあり、見所となっております。