ページの上へ

表千家 久田宗也 尋牛斎 色紙  月白風清 茶道具 からき

表千家家元の書画、茶碗、茶杓などの自作品や箱書をした道具類、好道具
お稽古道具、家元書付道具も揃えております。

表千家 茶道具 からき通販買取京都店

当店の検索

茶道具からき
或は chadougu  
表千家は表千家茶道具

 

表千家茶道具
副住職・広瀬大輔
HOME   茶道具
紹介
表千家
茶道具ー1
表千家
茶道具-2
 表千家
歴代家元
茶掛  ギャラリー 販売方針 買物方法 特定商取引  買取  委託  オークション  お問合

   表千家茶道具とは,  家元、宗匠の書画、茶碗、茶杓などの自作品、好茶道具、箱書をした茶道具類 です

表千家の茶道具を載せたページです
茶道具の状態、価格、購入方法等

電話、FAX、などでお問合ください 
価格は 表千家茶道具ー1   茶掛
〒604-0951
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403
電話 075-634-4772
FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします  
表千家茶道具 久田宗也 色紙
表千家茶道具 久田宗也 色紙
表千家 茶道具の販売 買取 【茶道具からき】
表千家家元の書画、茶碗、茶杓などの自作品や 箱書をした道具類 好の道具を販売買取してます
ここは表千家茶道具です 
 表千家 久田宗也 尋牛斎 色紙  月白風清つきしろくかぜきよし、げっぱくふうせい とも
久田宗匠 色紙 月白風清 沖の月は白く、風はすがすがしい。中国宋の詩人蘇軾そしょく蘇東坡そとうばの詩の一節です。
禅語としても使われているようです。下方に少林山 達磨寺の広瀬大輔副住職の書かれた解説を付けてますのでご覧ください。
状態良好 短冊の上部、下部が暗いのは照明のアンバランスによるものです。
 

0001472-01

群馬県高崎市鼻高町  黄檗宗 少林山  達磨寺  副住職・広瀬大輔さんの書かれた文を取上げています。

 

仲秋の風景にふさわしい句です。
身も心も洗われるような爽快さをおぼえる方も多いでしょう。
これは、中国宋代第一の詩人とうたわれた文豪・蘇軾 蘇東坡の中の句です。
澄みきった天空に一輪の月がこうこうと輝き、すすきの穂の間から爽やかな風がゆるやかに吹きわたり、耳をすませば、あちらこちらから秋の虫たちの音色が静かに響き、人々は昼の労働の疲れも忘れて、思わず「ああ!秋だなあ」と思いを深くする。
この句の風趣はとても描き切れませんが、文字面の一通りの意味はそんなところかと思います。
しかし、この句をそのように自然美を賞嘆した、ただの風景描写の句であると、とらえてしまっては、この句を本当に味わったことにはなりません。
禅では、ただぼんやりと月を見たり、風を感じるだけではなく、純真清明なる自分に立ち帰り、自分自信が輝く月、吹き抜ける風になりきってしまえと説きます。
その境地を人境一如自他不二と言いますが、修行を積まなければそのような心境になれないかというとそうではありません。
人間の心は、本来生まれながらにしてそのような働きをしていますが、ただ、それを自覚することに私達が疎くなっているだけです。
その証拠に、幼児は花や草木・小虫や小動物と自分との間に垣根を作ったりしません。
彼らの世界では「月が笑ったり」「自分が風になってしまう」ことがごく自然にあります。
『 幼子が次第次第に知智つきて仏に遠くなるぞ悲しき』と古歌にあるように、人間は誰もが純真清明な仏心を持って生まれてきました。
しかし、年を経るにしたがって、身につけた知識や経験が、とらわれや、こだわりとなって、心にそうした幾重もの汚れや歪みをつけてしまっているのです。
そうしたとらわれや、こだわりを捨て切った心で月や風を愛でてみてください。
月の光は心いっぱいを満たすように煌々と輝き、風はこの上もなく、優しく、爽やかに心を吹き抜けて行くはずです。
禅者がこの句を愛でてよく揮毫するのは、そうした人境一如・自他不二の境地を尊び、人間本来が持つ純真清明なる仏心を何よりも大切にしているからです。
ただ、天に輝く月と同様、私達の心の月(仏心)も欠けたり、雲がかかって見えなくなってしまうことが多いようです。
しかし、たとえ欠けようと、雲がかかろうと、もともとは完全無欠な真ん丸のお月様であることを忘れてはなりません。
三昧無碍空ひろく
四智円明の明さえん
白隠禅師は坐禅和讃の中で、このように歌っていらっしゃいます。
月を愛でるのによいこの季節、清らかな風で心の曇りを払い、心の月の輝きに気付いて見たいものです。

副住職・広瀬大輔 記