表千家 家元歴代 茶道具 からき

表千家家元宗匠の書画、茶碗、茶杓などの自作品や箱書をした道具類、好道具
お稽古道具、家元書付道具も揃えております。京都の茶道具からきです。

表千家茶道具

当店の検索
  茶道具からき 或は  chadougu  
表千家表千家茶道具
 で検索

表千家茶道具からき通販買取京都
HOME   茶道具紹介  旧 からき  表千家歴代 ギャラリー 販売方針 買物方法 特定商取引  買取  委託  オークション  お問合

表千家歴代家元とは,  初代 千利休より当代家元までです

表千家歴代家元および 久田家、堀内家を含めました

電話、FAX、メールでお問合ください 

京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403

電話 075-634-4772
FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします  


表千家家元 一覧  久田家、堀内家を含んでます

 
表千家家元の書画、茶碗、茶杓などの自作品や 箱書をした道具類 好の道具から花押、落款を掲載してます
千利休 道庵 宗旦 而妙斎 即中斎 惺斎 碌々斎 了々斎 啐啄斎 如心斎 覚々斎 随流斎 江岑 尋牛斎 無適斎 宗完の家元、宗匠
このページは表千家歴代家元です    表千家茶道具 もご覧ください
           表千家歴代家元 久田家 堀内家  
         

 名 号

概要

  家元
期間 
落款 花押  

初代

 千 
利休 
宗易  

 千家初代 侘び茶の大成者  田中与兵衛の子 堺生  1522
-1591 
       

 

千 
道庵

 利休長男 利休長男先妻の子 大徳寺春屋宗園に参禅 秀吉の茶頭 道庵風炉、道庵囲で知られる   1546
-1607
       

 2代



千 
少庵 

利休次男 後妻宗恩の子 大徳寺蘭叔宗秀に参禅秀吉の茶頭 本法寺前に屋敷を得 不審庵を継ぐ  1546
-1614 
     

3代

千 
宗旦

少庵の子 茶を父少庵に学ぶ。
春屋宗園、玉室宗珀に参禅。
1600年頃少庵より不審庵を継ぐ。
1646年不審庵北に今日庵を建て不審庵を3男、江岑宗左に譲り隠居、1653年又隠を建て4男仙叟宗室に譲る。
侘茶の大成者、茶禅一味の人。 
 1578
~1658 
 
4代

江岑 
宗左

宗旦の3男
宗旦後妻宗見の子  沢庵、玉舟の推挙で紀州徳川家の茶頭になる。 
江岑 夏書を表す。父宗旦の茶の話が書かれている。
 1613
-1672
 

5代

随流斎
 宗佐
 1650
-1691
 

 6代

覚々斎 
宗左

      

7代

如心斎 
宗左 

      

8代

そつ啄斎 
宗左

   
 

 9代

 

了々斎 
宗左

         
 
      

 10代

 

吸江斎 
宗左

     
11代 
碌々斎 
宗左
 
吸江斎の長男
1855年父 吸江斎の隠居により家督相続 1892年隠居
 1837 
-1910
1855
-1892 
     
12代  惺斎 
宗左
 
碌々斎の長男。 幼名与太郎。 号 敬翁。19才判は員と与太郎の与から作られた判を29才まで。
30才で家督相続 飛行機判を51才まで使う。  52才以降自動車判を使う。
1863
〜1937

文久3生
-昭和12年
7月75才没
1893
〜1937 
         
13代  即中斎 
宗左 
惺斎次男。幼名 覚二郎。
号無尽、清友軒。昭和11年長男不言斎宗員が40才で他界。 
1901
〜1979
           
14代
而妙斎 
宗左 
  1938〜           
 15代 猶有斎
宗左
而妙斎長男。 平成30年2月28日家督相続          

ページの上へ