久田宗也 清流無間断  茶道具 からき通販買取販売京都

茶掛の通販と買取、各季節の書画掛軸などを通販。
不要な書画などの買取も行っていますので、先ずはお電話、FAX、メール
お稽古場の掛軸、家元書付茶掛も揃えております。

茶道具販売通販買取京都

当店の検索
茶道具からき
或はhadougu
茶掛墨蹟一行書短冊
などは 茶掛

久田宗也 清流無間断
 お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品、販売に使用する他には一切利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします。

個人情報保護方針

HOME 茶道具
紹介
表千家
茶道具-2
 表千家
  家元
  茶掛ー1 墨蹟
墨跡
ギャラリー 販売
方針
買物
方法
特定
商取引
 買取  委託  オークション  お問合


清流無間断  めも

   出典 五灯会元 禅林句集などに収載されています。

清流無間断    せいりゅうかんだんなく     綺麗な水はとうとうと流れている
碧樹不曾凋    へきじゅかつてしぼまず
     緑の木々は葉を絶えず変えて何時も青々としている。

臨在録講話 (大森曹玄 鉄舟会師家他)に仏に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し、父母に逢うては父母を殺し さすれば解脱できる。の言葉があります。もちろんこの意味は仏、祖、父母など親し尊敬する人であってっも、其処に心を留め置いてはならないと申してます。清流の流れのように岩にぶつかってっも其処に留まらず するりと次に流れる。とらわれない心が重要な事だと教えています。

碧樹は其処に留まりながらはを青々となるように古いものを落とし新しい葉をつけます。そのよういして物事は連綿として受け継がれていきます。
命も親から受け継ぎ、子供へ、子供から孫へと繋がっていきます。


一休さんが小坊主を連れて用事を足しに出かけました。途中 一休が向こうからやって来た 女人を見て 何と美しい人か と申しました。それを聞いていた小坊主は寺に帰った後、一休に、和尚さんともあろう人が女人に気をひかれ俗人的なことをおっしゃるとはと、軽蔑し問いただしました。 一休は小坊主に お前はまだそのようなことを気にしていたのかと おっしゃいました。
綺麗と思うのは誰しも思うが、それに執着してはならない。といった事でしょうか。

久田宗也 清流無間断 短冊軸装 夏の茶掛軸
 


茶道具からきの茶掛一行書墨跡短冊色紙等のページです。


茶道具の状態、価格、購入方法などは
電話、FAX、メールでお問合ください。
価格は   表千家茶道具-2   茶掛  で 
京都市中京区二条通柳馬場東入晴明町661-403
電話 075-634-4772
FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます。
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします。  


表千家 
久田宗也 尋牛斎宗匠 短冊を軸装、短冊台張軸 清流無間断せいりゅうかんだんなし。
水が沢をとうとうと流れていく。涼し気な語句です。晩春、夏に良いですね。
禅語の対句 清流無間断 碧樹不曾凋があります。下記に参考めもとして記載してあります。
詳しくは下記をご覧ください。
水色地に金銀粉、銀色はプラチナまたは銀箔を散らした綺麗な短冊に書かれています。 

この軸は売却済となりました。 ほかの表千家茶道具は上記表千家の茶道具をクリックしてご覧ください。