茶杓銘 薫風 細合喝堂 大徳寺龍源院住職
茶道具 からき通販販売買取京都

千家家元の書画、茶碗、茶杓などの自作品や箱書をした道具類、好道具
お稽古道具、家元書付道具も揃えております。

当店の検索
 茶道具からき
或は chadougu  

 

茶杓 からき通販買取京都店
 
茶道具
茶杓 銘 薫風 細合喝堂 大徳寺龍源院 晩春、初夏の茶杓
茶杓 銘 薫風 細合喝堂 大徳寺龍源院 晩春、初夏の茶杓
 お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品、販売に使用する他には一切利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします。


茶杓、茶杓銘、茶杓作者、のページです

茶道具 茶杓を載せたページです
茶道具の状態、価格、購入方法等
電話、FAX、メールでお問合ください 

価格は、茶杓からでどうぞ
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403

電話 . 075-634-4772
FAX  075-634-4782
メール 上記 お問合せをクリック
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします  


細合喝堂 元 大徳寺龍源院住職の茶掛 薫風自南来 くんぷうじなんらい のページです。

この語句は、風、薫る5月とよく言われますように、初夏によいものですが、禅語としても大変親しまれております。
出典は、文宗(中国唐朝17代皇帝)が作った詩に、官僚、詩人の柳公権が転結を付けたものです。
禅語に取上げたのは、大慧普覺禪師です語録として後世に残りました。
最初、雲門禅師に
如何是諸佛出身處 (如何なるか是れ諸仏出身の処)と尋ねます。東山水上行と回答されて判らず。
同じ質問を、圜悟克勤禅にしました。薫風自南來 ( 薫風は南から吹く)   殿閣生微涼  (宮殿は涼しくなる)これを受けて大慧普覺禪師は大悟されました。
この詩は夏の暑い日に文宗皇帝が起承を、柳公権が転結を付けた五言詩ですので盛夏の詩と云えます。詳細は下方をご覧ください。


 

 

竹筒の表皮に7cmほどの擦り傷があります。

茶杓 銘 薫風 細合喝堂 大徳寺龍源院 晩春、初夏の茶杓
茶杓 銘 薫風 細合喝堂 大徳寺龍源院 晩春、初夏の茶杓

薫風は、風薫る5月にふさわしい銘と思います。5月5日が子供の日、端午の節句でもあります。
禅語に薫風自南頼来の語句があります。
晩春 初夏にも良いと思います。薫風自南頼来の詩は真夏の情景です。 下方の詩、説明をご覧ください。
下削。 宗玄の印が押されています。
状態並 共筒の表皮に長さ7cm程の引っかき傷があります。

 文宗皇帝 起承
人皆苦炎熱    人は皆炎熱に苦しむ     民は皆、ひどい暑さに苦しんでいるが、
我愛夏日長   我れ夏日の長きを愛す    私は、夏の長い日が好きである。

柳公権  転結  

薫風自南来   薫風は自然に南から吹く   薫風は南から吹く 
殿閣生微涼   殿閣微涼を生ず       宮殿は涼しくなる


この詩は禅にも取り上げられました
大慧普覺禪師語録
    

僧問雲門         修行僧が雲門禅師に尋ねました
如何是諸佛出身處   如何なるか是れ諸仏出身の処
門曰            雲門答えて曰く
東山水上行        東山に船で行く
若是天寧即不然     大慧宗杲は判らず

圜悟克勤禅は次のようにもうしました
大慧宗杲問雲門     大慧宗杲行僧が圜悟克勤禅師に尋ねました
如何是諸佛出身處    如何なるか是れ諸仏出身の処
薫風自南來         薫風は南から吹く 
殿閣生微涼        宮殿は涼しくなる

この2句によって大慧宗杲は悟ったと云われます。
     

 
個人情報保護方針
HOME   茶道具
紹介
からき
タグの説明
茶杓 銘 茶杓
作者
茶杓  ギャラリー 販売方針 買物方法 特定商取引  買取  委託  オークション  お問合
茶杓 銘 薫風 細合喝堂 大徳寺龍源院 晩春、初夏の茶杓