禅林 墨跡墨蹟 有無 江月宗玩 大徳寺156世 法語 茶道具からき通販買取販売

茶掛の通販と買取、各季節の書画掛軸などを通販。
不要な書画などの買取も行っていますので、先ずはお電話、FAX、メール
お稽古場の掛軸、家元書付茶掛も揃えております。京都の茶道具からきです。

当店の検索
 茶道具からき
或は    chadougu   

茶道具 通販買取京都からき
墨跡墨蹟 法語 有無 江月宗玩
 お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品、販売に使用する他には一切利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします。

個人情報保護方針

HOME  茶道具
紹 介
茶掛
-1
茶掛-2 墨 蹟
墨 跡
季節の
茶道具
ー春
季節の
茶道具
ー夏
 
季節の
茶道具ー秋
 
季節の
茶道具
ー冬
 
ギャラリー 販 売
方 針
買 物
方 法
特 定
商取引
 買取  委託  オークション
問合
禅林墨蹟墨跡 江月宗玩 有無 法語 大徳寺156世

茶掛 一行書 色紙 短冊 古筆 墨跡 墨蹟 書画 掛物 絵画のページ                                              

禅林墨蹟墨跡 江月宗玩 有無 法語 大徳寺156世

茶道具の状態、価格、購入方法などは
電話、FAX、メールでお問合ください。 
価格は    茶掛
京都市中京区二条通柳馬場 東入晴明町661-403
電話 . 075-634-4772
FAX 075-634-4782

メールは上記お問合せをクリック
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます。

茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします。  


 江月 宗玩 こうげつ そうがん memo

 1574~1643
 

 1574 天正2年  11月8日  新暦1574年11月21日堺生 津田宗及 次男 幼名 道丸 春松 俗名 宗丸 兄は津田宗凡
 1576 天正4年  名を青松と改める
 1579 天正7年  秋 大徳寺107世 笑嶺宗訢(しょうれいそうきん)に師事 僧名 宗丸
 1582 天正10年 大徳寺111世 春屋宗園に師事 9歳
 1584 天正12年 春屋宗園に従い 堺南宗寺に入る
 1887 天正15年 大徳寺大仙院 にて 春屋により宗と改める 15歳
 1589 天正17年 春屋宗園に従い 大徳寺聚光院に入る
 1598 慶長3年  大徳寺に戻る
 1599 慶長4年  石田三成の求めに応じ近江佐和山に瑞岩寺を創建。 黒田長政の帰依を受ける
 1606 慶長11年 黒田長政が黒田如水の菩提を弔うため大徳寺龍光院を創建 住職を春屋宗園 宗玩の従う
 1610 慶長15年 11月 大徳寺156世
 1611 慶長16年 春屋宗園の遷化に伴い大徳寺龍光院2世 字を江月と改まる。
 1621 元和7年  佐久間将監の求めに応じ大徳寺茶室寸松庵を創建。 9月には黒田長政の求めに応じ博多崇福寺79世となる
 1622 元和8年  2月博多崇福寺を退去
             堺南宗寺13世を経て
 1632 寛永9年  松裏隆信の求めに応じ 平戸正宗寺 開祖
 1643 寛永20年 10月  遷化 大梁興宗禅師

 龍光院内に小堀遠州に求められ狐蓬庵を開創。
 道号=江月 法諱=宗玩 自号=欠伸子 懜袋子
 茶道 津田宗及、小堀遠州に師事



禅林墨蹟墨跡 江月宗玩 有無 法語 大徳寺156世
禅林墨蹟墨跡 江月宗玩 有無 法語 大徳寺156世
禅林墨蹟墨跡 江月宗玩 有無 法語 大徳寺156世


江月宗玩 こうげつそうがん 大徳寺156世の 有無 です。下方に読み、
和尚メモを書いてます。 
禪の得とくについて基本を示した
状態. 本紙に日焼け、折れが有ります。表具天地風袋は絹、中回しは絹、一文字金襴、軸先は象牙、桐箱にはいっていっています。
表具は一度仕立て直しをしてると思います。

有無 江月宗玩 のメモには間違いが有るかもしれません 語容赦お願いします

禅林墨蹟 墨蹟墨跡 法語 有無 江月宗玩 こうげつそうがん


 有無 うむ メモ

 有無          うむ
 教中禅 々中禪    きょうちゅうのぜん ぜんちゅうのきょう
 須是捨重従      すべからくおもいをすて かるきにしたがえ
 軽古人意        こじんのおもい
 在言外能        げんがいにあり
 受用之         よくこれをじゅようせよ
  欠伸子
   印 印
 
禪に対する考え、思いなんぞ 全て捨てさり 無にせよ これが古徳の思いである 言葉では伝えられぬ 師匠に就き修行し見性せよ