頓阿法師 墨跡墨蹟古筆 茶掛 和歌 ありあけの月 古筆了意極 茶道具美術品からき 通販販売買取京都

墨蹟墨跡 書画の通販と買取、各季節の茶掛、短冊などを通販、販売。
新古美術品も扱っています。
不要な茶掛、書などの買取も行っていますので、先ずはお電話、FAX、メール
お稽古場の茶掛短冊、家元書付書も揃えております。

頓阿 古筆 墨蹟 和歌 ありあけの月 古筆了意
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 和歌 ありあけの月 古筆了意
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 和歌 ありあけの月 古筆了意
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 南北朝じだいの歌人
茶道具からき-茶掛
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 南北朝じだいの歌人

当店の検索
茶道具からき

墨蹟は墨蹟墨跡
 禅林墨蹟

頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 南北朝じだいの歌人
茶道具 通販買取京都からき
 お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品、販売に使用する他には一切利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 和歌 ありあけの月 古筆了意

茶道具の状態、価格、購入方法などは電話、FAX、メールでお問合ください。 

価格は   古筆墨蹟墨跡 禅林墨蹟  秋の茶道具  茶掛
京都市中京区二条通柳馬場 東入晴明町661-403
電話 . 075-634-4772
FAX 075-634-4782 

 メール

 頓阿 とんあ   頓阿法師 俗名 二階堂貞宗 と云われるが定かでない
 1289 正応2年 ~ 
 1312 正和1年  比叡山で得度後 高野山で修業後時宗衆 法号は泰尋・感空。 和歌を二条為世に学ぶ。為世の和歌四天王(頓阿 浄弁 兼好 慶運) と称される。
             京都金蓮寺 に住まう。(戦乱火災により現在京都市北区鷹峯藤林町)
 1363 正平18年 歌論書  著す
 1364 文和3年  新拾遺集 二条為明の後を次いで編纂
 1372 応安5年  建徳3年 3月13日  没 84才 南北朝により年号が二つ
                    京都 双林寺に 西行に並び供養塔が置かれている。
頓阿の歌切1切が 古筆鑑定家が鑑定に使用した古筆鏡内蔵されており、国宝となり東京国立博物館に所蔵されています。


 や万可せ爾 時雨や とを具な利ぬらん 雲爾たまらぬ  あり阿けの月。 山風に 時雨や遠くなりぬらん 雲爾たまらぬ ありあけの月
筆者 頓阿は南北朝時代の和歌四天王として 又 能書家としても知られております。 詳細は下記にあります。
山に吹く風に 時雨も収まり 夜が明ける頃には雲も無く 良く見えた。晩秋をこのように歌ったのでしょうか。
700年程前の色紙で、山と川が描かておりますが判然としません。
 
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 和歌 ありあけの月 古筆了意


 墨跡墨蹟 頓阿法師 とんあほうし やまかせに 時雨や とをくなりぬらん 雲にたまらぬ  ありあけの月
筆者 頓阿は南北朝時代の和歌四天王として 又 能書家としても知られております。 詳細は下記にあります。
山に吹く風に 時雨も収まり 夜が明ける頃には 月に雲も無く 良く見えた。晩秋をこのように歌ったのでしょうか。
700年程前の色紙で、山と川が描かれた紙色紙に 書かれており状態は古い色紙でもあり 良くありませんが、 
布表具は何時の頃か新しくやり直されていると思います。綺麗です。象牙の軸先で高級です。
古い桐の箱が付属しています。古筆了意、他の正筆書があります。秋の小間の本床、寄り付きなどに良いものとおもいます。


 古筆了意  こひつりょうい 
 1751 宝暦1年  古筆鑑定家 神田家5代道僖 定武の子
              父 5代 神田道僖に師事  6代道古と称す
 1783 天明3年 古筆家9代をを 襲名 徳川家 古筆見 23才
 1834 天保5年 没 84才
      門下    恒川了呂 清水了陰因 大倉吸水 長井半弥 

HOME  茶道具
紹 介
古 筆 茶掛
-1
茶掛-2 墨 蹟
墨 跡
季節の
茶道具
ー春
季節の
茶道具
ー夏
 
季節の
茶道具ー秋
 
季節の
茶道具
ー冬
 
販 売
方 針
買 物
方 法
特 定
商取引
 買取  委託  オークション
問合
頓阿 とんあ 古筆 墨蹟 和歌 ありあけの月 古筆了意

 墨跡 墨蹟 茶掛 一行書 古筆 短冊、色紙 懐紙 絵画等の通販買取京都 からき です