鵬雲斎 住吉蒔絵 平棗 茶道具 からき 販売 通販 買取

棗は抹茶を入れる容器として作られた薄茶用の茶器です
稽古用棗。家元書付棗 茶味のある良い棗を提供致します。茶道具からき

茶道具 通販買取京都からき
茶道具からきー住吉棗

当店の検索

 茶道具からき 又は
 chadougu

HOME   茶道具
紹介
裏千家
茶道具
ー1
裏千家
歴代
家元
茶道具

薄茶器 
季節の
茶道具
-春
季節の
茶道具
-夏 
季節の
茶道具
-秋 
季節の
茶道具
-冬 
ギャラリー  販売
方針
買物
方法
特定
商取引
 買取  委託  オークション
問合

住吉蒔絵平棗 裏千家 鵬雲斎宗室前家元のページです

棗 古美術 販売 買取 京都の【からき】棗ページです。
茶道具の状態、価格、購入方法などは電話、FAX、メールでお問合ください。 
価格は  裏千家茶道具   薄茶器
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403
電話 075-634-4772
FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます。
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします。  

裏千家鵬雲斎大宗匠の書付 住吉平棗です。京蒔絵師 一瓢斎さんの作です。金蒔絵の豪華版で、内側梨地。
住吉蒔絵棗は 大阪住吉神社の景色を蒔絵で表現したものです。住吉神社は神功皇后摂生11年西暦211年難波の港に海の神様として鎮座された古い神社です。
奈良時代 平安時代の和歌に歌われたり、抹茶の銘にもなっております。



 

 棗は薄茶器とも云われ 薄茶を点てる抹茶を入れる容器です

拝見にも出される道具であり その形 大きさ材質も多様です また 季節を表現する蒔絵も施され選択は吟味を要します

歴史

 団茶の容器として中国より伝えられた 竹、曲物に漆を塗った合子 薬器が最初といわれています。
日本においても中国物に習い 金輪寺などが後醍醐天皇により使われた記録が残っています。 その発展形に昔写と呼ばれる高台が棗に似、蓋を載せた茶器がある
東山時代には中次がみられ 蓋と胴を印籠の作りににし、角を面取りした面中次が現れます。
戦国時代には棗の実の形をした利休により造られ、利休形として今日もっとも普通に使われています。

この棗ページ
先頭へ

<