墨蹟墨跡-木庵性瑫 花満三千界

木庵性瑫 墨跡墨蹟一行書 花満三千界 万福寺2世 
 からき販売通販買取京都

墨蹟 書画の通販と買取、各季節の茶掛、短冊などを通販、販売。新古美術品も扱っています。
不要な茶掛、書などの買取も行っていますので、先ずはお電話、FAX、メール
お稽古場の茶掛短冊、家元書付書も揃えております。

墨蹟墨跡 通販買取京都からき

当店の検索
 茶道具からき
或は     chadougu   
墨蹟は 墨跡墨蹟

墨蹟墨跡 木庵性瑫 花満三千界
墨蹟墨跡 木庵性瑫 花満三千界
HOME   茶道具
紹介
タグ
説明 
茶掛ー1 茶掛ー2  墨跡
墨蹟 
 煎茶
道具
ギャラリー 販売
方針
買物
方法
特定
商取引
 買取  委託  オークション  お問合
木庵性瑫 メモ

1611年(慶長16年)-1684年(貞享元年)
1611年(萬暦39年2月3日  福建省 泉州晋江 生まれ 俗姓 呉
1626年(天啓6年)開元寺 印明により出家、参禅
1646年(順次5年)隠元の法嫡
1655年(明暦元年)先に来朝していた隠元の招請により来朝
1661年(漢文元年、万福寺に入る
1664年(寛文4年9月隠元の跡を継ぎ万福寺2世住職、江戸紫雲山瑞聖寺開山

1680年(延宝8年)万福寺住職を辞し、万福寺紫雲院に隠居
1684年(天和4年正月20日)遷化、 万福寺万寿院に葬られる

黄檗3筆として名高い。
墨蹟墨跡 木庵性瑫 花満三千界


 墨跡 墨蹟 茶掛 一行書 横物 古筆 短冊、色紙 懐紙 絵画等の通販買取京都【茶道具 古美術からき】です

萬福寺 2世住職 木庵性瑫もくあんしょうとう の墨跡墨蹟 花満三千界 はなみつさんぜんかい、はなさんぜんかいにみつ、の一行書です。 
 

 

墨蹟、墨跡と、ひとくくりにしてますが、書、絵画 短冊などいろいろの古い書跡のページです。
茶道具の状態、価格、購入方法などは電話、FAX、メールでお問合ください。 
価格は     墨跡墨蹟    煎茶道具

京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403

電話 075-634-4772

FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます。
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします。  

木庵性瑫。江戸初期の中國明からの渡来僧。 宇治の黄檗山萬福寺の2世で、隠元、即非と共に黄檗の3筆として著名な和尚です。
特に一行書は5字ほどの簡易な字数であり、大勢の茶人にも解り易いことから重宝されてきました。
花満三千界とは花が宇宙全体に満々ているといった仏教の世界観です。春の煎茶席に最適な語句です。
詳細はは下記メモをご覧ください。
本紙は薄焼けがあります。布表具の天部分痛みがあります。古桐箱に入ってますが箱に虫食いが見られます。

 
花満三千界
 めも

仏教の世界観で表す宇宙
須弥山が中央にあり日、月、六欲天、梵天の集まりを小世界。小世界が千個で集まり小千世界。小千世界が千個集まり中千世界。中千世界が千個集まったものを大千世界と申します。

これを省略して三千界と云ってます。保々無限の大きさですね。

この宇宙は花で満ちている。 何所もかしこも花だらけ 春爛漫です。
墨蹟墨跡 木庵性瑫 花満三千界
墨蹟墨跡 木庵性瑫 花満三千界