釜 茶道釜 茶釜

釜 茶道釜 釜の扱い手入

ページの
上部へ

  茶釜  茶道釜の種類
 名  称  説  明  図
    茶釜 茶道釜
 抹茶茶碗
 抹茶茶碗
ー2
 茶 入
 棗
 茶 杓
 茶杓-2
 香 合
 花 入
蓋 置
 建 水
 水 指
 菓子器
 懐 石
 茶 掛
 茶掛-2
 茶箱茶籠
 その他
 表千家
 表千家ー2
 裏千家
 裏千家ー2
 千家十職
 煎茶
 洋食器
 委託
 オークション
 買取
 販売規定
 お問合
リンク
 おぼえ
か ら き

茶道具からき をクリック トップペーシからお入りください
販売規程をお読みください 
茶道具の状態、価格、購入方法等
電話、FAX、メールでお問合ください 
〒604-0951
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403
電話 075-634-4772
FAX 075-634-4782 
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします  
k釜 茶釜
茶釜,茶道釜は茶道の点前に欠くことのできない湯を沸かす道具であり 茶席で点前者の前あるいは横に置かれるものである その歴史は古く 中国唐代に始まり日本には遣唐使により喫茶道具として伝えられた その後は日本国内で数多くの釜が作られ今日もつかわれている 材質は火に掛けるため 金属性であるが 鉄が主である 他に陶器製も
種類 釜は風炉用と炉用に大別される 風炉に掛けられる小型の物が風炉用として 大型の物が炉用として使われるが マンションなど炉の深さが取れない茶室でも使える高さの低い炉釜もある
炉を作れない茶室用に置炉もあるので ご相談ください
 茶釜の種類、扱い、手入れ は表の下方をご覧ください 
 
茶釜   茶道釜   風炉   ろだん   五徳   吊釜道具         価格は消費税 送料込
 no  品名 作者 書付 付属品 寸法 価格   概要  写真  メモ
 920 南鐐
ささげ
釜鐶 
作者:大西清右衛門14代浄中
 共箱 千家十職
書付:即中斎 表千家先代家元
寸法:径82 太5
価格:お問合せください
南鐐製の鐶です 表千家 即中斎宗匠書付です
作は千家十職 浄中さん 銀できれいです
ささげ釜鐶ですので ささげのでこぼこした形をしてます  
 茶釜 鐶  鐶 釜鐶
 918 炉縁
古木炉縁 
作者:不明 箱無
寸法:423巾423 奥行423 高66
価格:73,000円 
 材質は不明ですが堅い木の炉縁です
侘びた小間にいかがでしょう
 茶釜 鐶  炉縁
  729 筋入
海老かん付
独楽釜 
南鐐摘付 
作者:菊地政直 共箱 日本工芸会 会員

寸法:径275 高蓋無245 
 蓋高173 口内径

価格:27,000円 
菊地政直さんは山形の釜師の家系に
 生まる 
この釜はかんつきが海老の形をした
 目出度い釜です
高さが低いので浅い炉でもお使い
 頂けます  
 茶釜 茶道釜  炉釜
茶釜
 770 肩霰釜
作者:和田美之助 共箱 共布
付属品:鐶
寸法:口内径107 環付外巾275 径237
 高150 蓋込高173
価格:88,000円 
釜の肩部分に霰をあしらったデザイン
  の釜です
京都の釜師美之助さんの作です
錆は鳴金付近に僅か有ります 
 茶釜 茶道釜  商談中 y
 707  釜鎖 作者:下間庄兵衛 3代 浄汲
書付:大西清右衛門 15代浄心 極箱
寸法:長2150
価格:34,000円 
初代庄兵衛さんは 名人 名越4代
昌晴の弟子として技を磨き独立
下間を名乗る
その3代 浄汲 味宜 は天保時代の人
鉄製のため多少錆があります 
 茶釜 茶道釜  
581   阿弥陀堂
作者:高橋 敬典 共箱
寸法鐶付巾265 胴径245 口内径115
 蓋摘まで高220
価格:39,000円 
人間国宝 高橋敬典さんの釜
内部に点状の錆がありますが 
 薄い表面錆と思われます
蓋縁の塗装が禿げてます 
 茶釜 茶道釜 炉釜 

茶釜
347  筒釜
竹地紋 
作者:角谷沙村 共箱
寸法:釜径下側167 高183 
  蓋込高210  口径内98 
価格:47,000円(消費税込) 
竹の浮彫が有る筒釜です
角谷3兄弟 一圭 與斎 沙村いずれも
 名工として知られています
釜内部全体に薄錆がありますが
  このまま使用できます 
 茶釜 茶道釜 風炉釜

茶釜