お客様のお名前、ご住所、電話番号などの個人情報は当店の商品、販売に使用する他には一切利用致しません。
また、取得した情報が他に漏れることのないよう厳重に管理いたします

秋の茶道具 季節の茶道具 からき 通販販売買取京都

季節の書画、茶碗、茶杓などの紹介
お稽古道具、家元書付道具も揃えております。京都の茶道具からきです。

当店の検索
  からき 或は       chadougu  
   茶道具
 で検索


季節の茶道具とは,  各季や行事に合った道具茶道具の紹介ページです。


茶道具の状態、価格、購入方法等

電話、FAX、メールでお問合ください 
京都市中京区二条通柳馬場
 東入晴明町661-403

電話 . 075-634-4772
FAX  075-634-4782

 メール メール画面に飛びます
ギャラリーを大丸京都店近くに設けてます
茶道具をご覧になる場合ご連絡頂ければご案内いたします  
表千家茶道具からき通販買取京都
表千家茶道具
HOME   茶道具
紹介
 からき
タグの説明
新着
茶道具
表千家
茶道具
裏千家
茶道具 
ギャラリー 販売方針 買物方法 特定
商取引
 買取  委託  オークション  お問合

茶道具
商品
カテゴリ

 抹茶碗
 茶 入
 棗
 茶 杓
 香 合
 花 入
蓋 置
 建 水
 水 指
 菓子器
 懐 石
 茶 掛
茶籠
茶箱
 その他
 表千家
 裏千家
 千家十職
 煎茶
 洋食器


季節の茶道具一覧
 (秋をピックアップしました。)

堀内宗完 秋短冊 追加しました

 初秋、中秋、晩秋の茶道具   秋のテーマ 月 菊 紅葉 収穫 木の実 米 コオロギ トンボ
 
 消費税込み価格です。送料も価格に含ませております。 
no
 名称
 作茶 書付 付属品 寸法 価格  説明
 写真

1663  秋草絵
茶碗 
作者:岩崎新定 淡海膳所陽炎園
    共箱
書付:久田宗也 表千家
寸法:径124高78
価格:78,000円 
 
淡海せせ陽炎園 岩崎新定さん 秋草と月の絵柄です。 秋草は女郎花、桔梗、撫子、芒、萩が描かれています。銀の月はは少々酸化で黒すみがあります。
表千家久田宗也尋牛斎宗匠の箱書きがあります。
状態良好  
季節の茶道具 秋の茶碗 
974 武蔵野絵
茶碗  
作者:西村利峰  共箱
寸法:径122 高81
価格:23,000円  
加藤利昇の弟子 
秋の茶碗です
月と秋草が描かれています
未使用品と思われます。  
季節の茶道具 秋の茶碗
1247  乾山写
秋草茶碗

銘 
秋晴
 
作者:永楽善五郎即全 共箱
書付:表千家 而妙斎家元
寸法:径124 高77
価格:お問合せ下さい  
 
千家十職 即全さんの秋草絵茶碗です
 桔梗女郎花芒菊を描いています
而妙斎家元が 秋晴れの銘を付けて
います 秋晴れの気持ちよい季節に
使いたい一品です 
 
季節の茶道具 秋の茶碗 
510  楓絵

茶碗
 
作者:真葛(宮川) 香斎 共箱
書付:鵬雲斎大宗匠
寸法:径27 高80
価格:160,000円
 
真葛 香斎さんの青楓 抹茶茶碗です
京焼の繊細な美しい絵付けをした茶碗で金緑青等で楓を描いています。
裏千家鵬雲斎大宗匠の箱書きがあります。
季節の茶道具 秋の茶碗 
813  乾山写
月秋草
平茶碗

 銘 
清風
 
作者:永楽善五郎即全 共箱
書付:表千家 而妙斎家元
寸法:径138 高台径52 高57
価格:お問合せ下さい 
 
千家十職 永楽即全さんの平茶碗です
月と秋草が描かれた茶碗です。
初秋の茶碗にどうでしょうか。月と秋草の絵が描かれています。表千家而妙斎宗旦宗匠の箱書。 銘 清風です。少し茶渋汚れがあります。
季節の茶道具 秋の茶碗 
1159  茶杓


鳴子 

なるこ
者:上田義山 共筒共箱 
    大徳寺510世
寸法:巾11 長189
価格:14,000円 
 
秋の茶杓 銘です。なるこは実りの秋に米等の稲穂を掛けて乾燥します。それを狙って寄ってくる鳥を、音を立てて驚かし 追い払うものです。
下削は竹玄さん
 
秋の茶道具 秋茶杓 鳴子 
1459  茶杓


錦秋
きん
しゅう 
作者:而妙斎宗左 表千家家元
   共筒共箱
付属品:外箱
下削:黒田正玄 12代 千家十職
寸法:巾11 長182
価格:お問合せ下さい 
錦秋というにふさわしい 秋を迎えています。 
楓、蔦、銀杏、躑躅、など沢山の葉が色とりどりに変化して錦織のように綺麗です。
表千家而妙斎宗旦宗匠の自作です。
 
季節の茶道具 秋の茶道具 茶杓 錦秋 
1493  茶杓


紅葉狩
もみじ
がり
 
作者:即中斎宗左 共筒共箱
    表千家元家元
付属品:外箱
寸法:巾10.6 長184 
価格:お問合せ下さい  
 
秋の茶杓銘にピッタリです。
下削りは千家十職、黒田正玄さんです。
北国から紅葉が始まり、当方の所在地京都は例年11月中旬から12月初旬ですが、今年はどうでしょうか。
この時期に合わせ、国内外から大勢の人が訪れます。京都市内はホテル建設ラッシュですので宿は取りやすくなってきているかもしれません。 
 
季節の茶道具 秋の茶道具 茶杓 紅葉狩 
1490  茶杓


浦の苫屋
うらの
とまや
 
作者:西部文浄 東福寺
  同聚院住職
 共筒共箱
寸法:巾9 長183
価格:12,000円  
定家の歌を茶杓銘にしました。

晩秋の侘びた漁村風景を見事に歌っています。
ほっそりした 煤竹茶杓です。
 
季節の茶道具 秋の茶道具 茶杓 紅葉狩 
1297  茶杓


うす
紅葉
うす
もみじ
 
作者:掘内宗心 表千家
 共筒共箱
寸法:巾10 長182
価格:52,000円
 
堀内宗完さんの茶杓 銘 うす紅葉
節、切止に、しみ竹特有のシミがあり、少し紅葉した楓とよく合います。
初秋、中秋に良い銘です。
 
季節の茶道具 茶杓銘 うす紅葉 
810  茶杓


虫の声々
むしの
 こえこえ
   
作者:即中斎 表千家前家元
    共筒共箱 茶杓袋
下削:黒田正玄 12代 
  千家十職
寸法:巾10.5 長181
価格:お問合せください
 
秋はあちこちで虫が鳴きます

虫の声を強調して 声声と銘を
 つけられました    
季節の茶道具 秋の茶杓 
876  茶杓


村雨
むらさめ
 
作者:久田宗也 尋牛
 表千家 共筒共箱
寸法:巾11.5 長183
価格:47,000円 
 
表千家 尋牛斎宗匠の 村雨です
村雨はにわか雨のことです
夏の季語ですが雲錦茶杓と箱書がありますので秋もよいかと思われます。  

竹に似せた楓の木杓に楓葉を金蒔絵した茶杓です。 雲錦と箱書、 櫂先に摺れと黒すみがあります    
季節の茶道具 秋の茶杓 紅葉 
1301  茶道具


秋草
大棗
 
作者:漆専堂 岡本漆園共箱
書付:鵬雲斎大宗匠 箱書在判
寸法:径80 高80
価格:200,000円
 京都の塗師 岡本漆園さんの作
黒漆地に 雄花、菊 萩 桔梗 女郎花を金蒔絵したきれいな秋棗です。
大宗匠の箱書 在判品です。
季節の茶道具 棗 秋草蒔絵 秋棗 
1558  茶道具


秋草
マキエ
 大棗 
 
作者:堀川蒼雲 共箱 山中塗
書付:久田宗也 尋牛斎
寸法:
価格:80,000円
 
表千家 久田宗匠の棗です。 
真塗地に秋草、菊、桔梗,なでしこ、女郎花、芒、萩を金蒔絵しています。
作者:堀川蒼雲さんは山中塗作家ですが、詳細不明です。
状態良好
 
季節の茶道具 棗 秋草蒔絵 秋棗 
566  時代

菊蝶
蒔絵

細棗
 
付属品:合せ古桐箱
寸法:径50 高85
価格:お問合せください
 
  漆浮についてお話させて頂きます。
 時代を経た落ち着いた色合いの細棗です
棗表 菊絵金蒔絵。
蓋裏 銀粉撒。
高台および印籠部分 銀粉撒と蝶蒔絵。 
胴部分インロー部立ち上がりに 漆浮が見られます。このまま使用可能。 
 
季節の茶道具 棗 菊蒔絵 秋棗 
1569  染付
 
作者:中国清朝期 合桐古箱
付属品:仕服 破損
寸法:径44高42
価格:94,000円 
 
磁器に呉須で染付た柿香合です。
マンゴスチンを形取った合子を茶人が
柿に見立て、柿香合と呼ぶようになりました。
中国清朝以後の日本から注文の香合かと思います。タコ唐草は中国発祥ではない為。
小さな可愛い香合です。
 
季節の茶道具 秋の香合 柿 
1013 茶掛
一行書 

開門
多落葉
 
作者:小林太玄 大徳寺黄梅院
    住職  共箱
寸法:本紙巾280 丈1026
 布表具巾310 丈1770
 塗軸先巾360
価格:15,000円 
 
開門多落葉は門の外は一面の落ち葉と晩秋の語句です。
出典は中国唐の詩僧 無可の詩の一節 開門落葉多と思われます。
詳細は写真をクリックしてご覧ください。
全体に薄点シミがあります。ベージュ地で目立たないかと思います
 
秋の季節の茶道具 
1189  短冊
俳句

時雨して
一入露地
乃紅葉
か奈  
作者:堀内宗完 兼中斎 タトウ
    表千家
寸法:巾76 丈364 巾広短冊
価格:32,000円 
秋を詠った 俳句を短冊に書かれています。途中紅葉を絵言葉で描いています。
しぐれして ひとしおろじの もみじかな。路地の紅葉が時雨で一層 綺麗になっている。
薄シミがあります。 
季節の茶道具 秋 短冊 堀内宗完 
1586  短冊

雁行
横月浦
 
作者:久田宗也 尋牛斎
 タトウ
寸法:巾60 丈363
価格:12,000円 
  
がんこうげっぽによこたう です。
月と雁で秋の語句です。
表面に目立たない薄シミ点2個あります。
短冊は薄水色に金粉を蒔いた綺麗なものです。 
  
季節の茶道具 秋の短冊 久田宗也 
1472  色紙

 月白風清
作者:久田宗也 尋牛斎 タトウ
寸法:
巾241丈272
価格:12,000円 
 
つきしろくかぜきよし 他にも読みがあるかと思いますが。
禅語としても取り上げられています。
出典は中国宋の詩人卒塔婆の漢詩からです。秋の月を詠っています。
詳細は右写真から 
 
季節の茶道具 秋の色紙 久田宗也 
1126  蓋置

南鐐
 一葉
 
作者:中川浄益 共箱 千家十職
書付:鵬雲斎宗室 裏千家大宗匠
寸法:径58 高49
価格:お問合せください 
 
千家十職浄益さんの南鐐の蓋置に大宗匠お若い頃の箱書です
一葉は晩秋に良さそうです
 
蓋置 秋の蓋置 一葉 鵬雲斎 中川浄益 
832  蓋置

乾山写
 
作者:永楽善五郎 16代即全 千家十職 共箱
寸法: 巾51 奥行47 高54
価格:98,000円 
 
月の形をしてます
そこに すすきの絵を描いてます
秋の風情です
 
蓋置 秋の蓋置 武蔵野秋草 永楽善五郎 
1446  水指

細水指
秋草絵

 
 作者:和田桐山 4代 共箱
寸法:胴径133 口内径88 高蓋上218 蓋無207
価格:52,000円 
晩秋は火が恋しくなる頃です。
中置の点前でお茶を点てます。
水指は細水指、芒の絵が描いてあります。 
共蓋のみ、替えはありません
 。

帰蓋つけますと2000程度増額となります。
騎亜悦の茶道具 秋の水指 細水指 
1272  菓子器

喰籠 
作者:武田友月 彫物師 古識箱
寸法:径185 高80
価格:お問合せください 
 
加賀 前田家のお抱 彫物師 友月の作です 
成巽閣欄間など加賀の名工としてその名を残しています
喰籠として小型ですが 十分な大きさです
トンボの銀象嵌があり、秋の菓子器にいかがでしょうか。
下側に少し割れたところがあります。
 
季節の茶道具 秋の菓子器 喰籠 武田友月 
938  菓子鉢

仁清写
 雲錦鉢 
 
作者:永楽善五郎 妙全 共箱
寸法:径195 高85
価格:102,000円  
 
千家十職 永楽妙全さんの鉢です
絵付けが雲錦で春、秋の菓子器
 懐石鉢として重宝です
箱、箱紐が焼けてます。 
 
季節の茶道具 菓子鉢 永楽善五郎